育毛サプリメントには何故『亜鉛』が含まれているのか?

2016y04m17d_125936816

毛髪はタンパク質から出来ていることから、そのタンパク質をつくっているアミノ酸が豊富な食品をとらばければなりません。亜鉛はタンパク質の合成などに関与していることから、髪の成長を促します。

また、亜鉛イオンは5αリゼクターゼI型を阻害することなどから、亜鉛不足がおこると脱毛の抑制と毛髪再生に影響が出ます。男性の場合は前立腺に多く、1回の射精で1~7mg、大量の汗で1~4mg失われると言われており、亜鉛と銅のバランスをとりながら常に補給しておくことが必要です。

 

 

亜鉛の働き

亜鉛はタンパク質や核酸、インシュリンの合成、新陳代謝の家庭に不可欠なミネラルで前立腺の働きを正常化し生殖機能の発達に必要であり、抗酸化物質のスーパーオキシドジスムターゼを含めて生命維持に必要な多くの酵素の構成要素となっています。

体内の化学反応に必要な酵素は3000以上ありますが、そのなかでも亜鉛により活性化される酵素は300以上もあり、とても大切なミネラルといわれています。

1日に必要な亜鉛量

特に新しい細胞を作ったり、成長させる酵素と関わりが深く、新陳代謝が激しい組織や細胞ほど亜鉛不足が出やすくなります。

亜鉛の必要量は1日15mgですが、25mgの摂取でも不足が見られるとも言われ、そこで育毛サプリメントに亜鉛が含まれているというわけです。

コメントを残す